市場の種類

 市場は、卸売市場法という法律によって、下の2つに大きく分類されています。それぞれ、どんな特徴があるのかご紹介いたします。

そもそも 卸売市場 って何だ!?
法律によれば、「生鮮食料品等の卸売のために開設されている市場であって、卸売場、自動車駐車場その他の生鮮食料品等の取引及び荷さばきに必要な施設を設けて継続して開場されるもの」とされています。

簡単に言うと「お店のお店」。お店に並んでいる商品はどこから来ているでしょうか。工場からまっすぐ来ているものもありますが、多くは工場から一度卸売市場に集まり、そこから各お店に行き、それを私たちが購入しているのです。そう考えてみてください。

この卸売市場にも2種類あります。下の表の通りです。
 ■ 中央卸売市場
生鮮食料品等の流通及び消費上特に重要な都市及びその周辺の地域における生鮮食料品等の円滑な流通を確保するための生鮮食料品等の卸売の中核的拠点となるとともに、当該地域外の広域にわたる生鮮食料品等の流通の改善にも資するものとして、農林水産大臣の認可を受けて開設される卸売市場

人口の多い都市にあり、農林水産大臣の認可を受けたものが「中央卸売市場」です。
 ■ 地方卸売市場
中央卸売市場以外の卸売市場で、その施設が政令で定める規模以上の市場

中央卸売市場以外で、決められた大きさより大きなものが地方卸売市場です。



卸売市場 を開くには...?
先に挙げた卸売市場法の定めにより、卸売市場を作るためには、「開設者」と「卸売業者」が必要になります。
”中央卸売市場”と”地方卸売市場”では、それぞれの特徴が違いますので表にまとめてみました。
開設者 卸売業者
中央卸売市場 地方公共団体 農林水産大臣の許可をうけた、法人であること
地方卸売市場 申請者が施設の種類・規模・配置もしくは構造が地方卸売市場における業務の円滑な運営を確保するうえで、都道府県知事より適当とみとめられた人・団体・法人。 申請者が施設の種類・規模・配置もしくは構造が地方卸売市場における業務の円滑な運営を確保するうえで、都道府県知事より適当とみとめられたみとめられた人・団体・法人。

ちなみに、私たち「
株式会社 弘前丸魚」は株式会社 弘前水産地方卸売市場開設者として、青森県知事に認可された卸売業者で、民設民営の認可市場でなのです。